記事詳細ページ

特別展「戊辰戦争と米沢」 本日最終日

特別展「戊辰戦争と米沢」、本日が最終日です。

本日(11月18日)、特別展「戊辰戦争と米沢」は最終日を迎えました。今年度の国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示も、本日で終了します。
まだご覧になっていない皆様、本日がラストチャンス、ぜひご来館ください。

後期展示の見どころとして、展示の最後には東京大学文書館からお借りした、渡辺洪基(ひろもと)関係資料(肖像画、米沢滞在中の活動報告など)を展示しています。
渡辺は福井生まれの医師で、戊辰戦争の末期8月から半年ほど米沢に滞在し、藩医や藩士に最新の西洋知識を教授しました。これらの教育がもとになり、明治時代以降、米沢からは多数の人材を官僚、軍人、医師として輩出していきます。

また、今回の展示では、何か所かに、当館の教育普及キャラクター「ぷち&はな」が登場し、展示のポイントをわかりやすく解説しています。お子さんだけでなく、大人の方にも好評です。展示をご覧になる際は、ぷちとはなのコメントも、ぜひ探してみてください。

特別展の詳細はこちら
なお、図録は会期終了後もインターネット上のミュージアムショップで購入可能です。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238−26−8001

2018.11.18:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..



















【注目!!】H30アートマネジメント事業
【注目!!】H30アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業



置賜文化フォーラム事務局



地域文化振興支援事業


(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計5,843,304件 (2010.07.15〜) 今日778件 昨日2,027件 記事2,214件