縁結びパワースポット:油掛大黒尊天

縁結びパワースポット:油掛大黒尊天



スポット 米沢市竹井 “油掛大黒尊天”

 種油に明かりを求めていた時代、油は大変貴重なものでした。京都の街を小僧が油を買い家路に急ぐ余り、道端にまつってあった大黒天に油壺をぶつけこぼしてしまいました。奉公先は如何なる事業をしても失敗が続き、息子、娘に縁がなく、不幸な事ばかりでした。小僧は新たに油を買うお金も無く帰宅しましたがどうしたことか、売れなくて困っていた商品が急に売れ出したり、息子、娘に縁談がまとまったり、狐につままれたような祥事が次々に起こりました。小僧は自分の失敗で油を大黒天にかけてしまった事を報告すると、今までの祥事は大黒天の加護に違いないと朝な夕なに油を掛けおまつりした事に始まり、商売繁盛・招福繁盛・良縁結実・縁結び・諸願成就の大黒天としてまつられる様になりました。米沢市北部の人通りの少ない所に油掛大黒尊天(あぶらかけだいこくそんてん)はひっそりとありました。
 実際に大黒様に油をかけることが出来て、それによって幸運が訪れるといわれています。実際に大黒様に油をかけてお参りすると、大黒様がてらてらと光り、すぐにでもご利益がありそうな感じになりました。
                                                            【レポート担当 大澤康平】




   


◎info:米沢市竹井地内八幡原公園北側












(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved.