記事詳細ページ

【ステップ1 開催!】アートマネジメント事業「街が面白くなる、アート企画のつくり方」

置賜文化フォーラム アートマネジメント事業 

「街が面白くなる、アート企画のつくり方」

 ステップ1 

 講演会 「街場のアート仕事術〜地域課題から生み出す協働と創造〜」 

 

 置賜文化フォーラムでは、今年度、文化芸術活動の企画力向上を目的にした講座「街が面白くなる、アート企画のつくり方」を実施しています。


 この度、ステップ1として、講演会「街場のアート仕事術〜地域課題から生み出す協働と創造〜」を、平成29年8月26日(土)に米沢市の文化複合施設「ナセBA」内の「よねざわ市民ギャラリー」で開催しました。

 「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」仕掛け人でもある東北芸術工科大学の宮本武典 准教授を講師に迎え、アートイベントのコツや事例についてお話しいただきました。

 講演会には、たくさんの方々からご参加をいただきました。

 どうもありがとうございました!

 

 

宮本准教授は、この講演会で、

その街の歴史や現在の状況をアートで表現した国内外の事例を紹介し、

 

街場のアートは、

明るい顔も、哀しい顔も、

映し出す、

その街の自画像

 

をキーワードに、

 

優れたアートは、
地域や言語を超えて、

→ たくさんの人や注目を集める。

→ 問いかけ、考えさせる。

→ 価値観をゆさぶる。

 

ものとお話しされました。

 

 

あわせて、山形ビエンナーレで実施したプロジェクトを紹介し、
地域の課題をアートで表現、解決するために、どのようなプロジェクトを実施したのか
説明。


そして、参加者の方々に、

 

質問:

いまの米沢はどんな「顔」してる?

 

と問いかけ、書き出してもらいました。
 

(今後、ステップ2で活用させていただきます。)


小さなことでも、いろんなところで、活発に活動していけば、

面的にみれば豊かになる、

それらがつながっていけば、面白くなる

と、話を締めくくりました。

 

 

 

  ステップ2の参加者募集を開始しています! 

「置賜が面白くなる」展覧会をみんなで一緒に企画してみませんか。

宮本准教授と一緒に、いま「アートでできること」をみんなで考えましょう。

ステップ1に参加したかったのに、参加できなかった方、ステップ2からの参加も可能です。
皆さまの参加をお待ちしています!

 

詳しくはこちらをクリック ⇒ http://okibun.jp/log/?l=440302

 

2017.08.31:[お知らせ]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映


















注目!
注目!



置賜文化フォーラム事務局



地域文化振興支援事業


(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計4,851,651件 (2010.07.15〜) 今日1,793件 昨日2,983件 記事2,012件