記事詳細ページ

コレクション展 展示品紹介

現在、好評開催中のコレクション展「初公開 上杉家ゆかりの名品と地域の歴史を語る資料」から、注目の展示品を何度かに分けて紹介します。

展示の見どころのひとつが、上杉家の家紋・竹に雀紋があしらわれた美術工芸品です。12月3日まで、短冊箱と食器、盥の3件を展示しています。

このほか、上杉謙信、景勝、定勝、鷹山、斉憲、茂憲といった当主の書状や書跡も、上杉家ゆかりの品として展示しています。ぜひ、ご覧ください。

 

牡丹唐草竹雀紋蒔絵短冊箱 一合
江戸時代(19世紀)
41.0×11.0×12.5 
2015年度 収集
〔解説〕
 黒漆に牡丹唐草の蒔絵を施し、竹雀紋を据えた短冊箱です。短冊箱は短冊を収める細長い箱で、大揃いの大名婚礼調度では硯箱や文箱とともに厨子下段に飾られました。
 製作目的や時期は判明しませんが、本作は蒔絵の文様や技法から江戸時代末期のものとされています。

金蒔絵の美しい資料です。ご来館の際は、お見逃しなく。

展示の詳細はこちら
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/102hatu.htm

 

2017.11.08:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..



















注目!
注目!



置賜文化フォーラム事務局



地域文化振興支援事業


(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計4,772,505件 (2010.07.15〜) 今日735件 昨日3,175件 記事1,995件