記事詳細ページ

コレクション展 展示替えのお知らせ

現在開催中のコレクション展「初公開 上杉家ゆかりの名品と地域の歴史を語る資料」について、一部資料(入れ替え18点、展示個所などの変更17点)の展示替えを行いました。

美術工芸品や絵画、中世から江戸時代初期の文書を中心に展示品を入れ替え、「新年を迎える」をテーマに日記などの資料から昔の正月についてご紹介しています。

新たに展示した資料のうち、米沢城本丸図は、幕末から明治初期の姿を描いたものです。ぜひお見逃しなく。

米沢城本丸図  一幅
明治30年代(1897〜1906)
44.0×68.2
2009年度 購入
〔解説〕
米沢城旧本丸と二の丸の一部を、北西を望む構図で俯瞰的に描いています。いくつかの建物には注記がみられ、幕末から明治初期の姿のようです。上杉茂憲を「正三位」としていることから、明治30年代になって、当時を思い出して描かれたものでしょう。

展示の詳細はこちらから。12月5日以降の展示資料目録も新たに掲載しました。
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/102hatu.htm

 

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238−26−8001

2017.12.06:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..



















注目!
注目!



置賜文化フォーラム事務局



地域文化振興支援事業


(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計4,853,280件 (2010.07.15〜) 今日421件 昨日3,001件 記事2,012件