記事詳細ページ

コレクション展 展示品紹介

現在開催中のコレクション展「初公開 上杉家ゆかりの名品と地域の歴史を語る資料」から、注目の資料をご紹介します。展示の最後のコーナーでは、明治時代以降の、米沢出身の政治家や学者、社会の変化について紹介しています。

解説
平田東助写真   1枚
 写真乾板
大正年間(20世紀)
 16.3×12.0
平田東助上奏文草稿  1枚
 明治時代(19世紀)
 16.5×49.0


2016年度 寄贈(平田東助関連資料)
 平田東助は米沢出身の官僚、政治家です。藩医・伊東家に生まれ、大学南校(東京大学の前身)、さらにドイツで学び、内務省に勤めます。その後は法制局部長、貴族院議員、農務大臣、内大臣などを歴任しました。
 コートを着て立つ全身像の写真乾板と、枢密院の役割に関する上奏文(天皇への意見書)草稿を展示しています。
 
平田東助関連資料 
 遺族から寄贈された勲章、写真、草稿、家族の書簡など26件です。彼の資料は大部分が関東大震災で焼失したため、現存するものは稀少です。

本展示は1月14日までです。ぜひご覧ください。 

 

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238−26−8001

2018.01.06:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..



















【注目!!】H30アートマネジメント事業
【注目!!】H30アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業



置賜文化フォーラム事務局



地域文化振興支援事業


(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計5,861,697件 (2010.07.15〜) 今日1,860件 昨日2,010件 記事2,214件