記事詳細ページ

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」

特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」では、上杉家伝来の古典籍(市指定文化財・米沢善本)を複数展示しています。

また、11月9日(土)には「武家の発生と公家文化」と題し、講演会を実施。講師は龍谷大学客員教授の藤本孝一氏です。

藤本先生は公家の文化と古典籍に造詣の深い方です。最近では、源氏物語の最古の写本発見、という大きなニュースが報道されていますが、その鑑定を行った方です。

当館の講演会でも、貴重なお話を聞くことができると思います。11月9日10時から、伝国の杜二階会議室で行います。
参加費は無料、定員は当日先着120名です。

今から、予定を確保してくださいね!

京都新聞の記事「源氏物語で最古の写本」はこちら
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/29641
(この源氏物語は、本展覧会に展示されておりません。ご注意ください。)

当館の展示・講演会の詳細はこちら
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/113bukekuge.htm

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

【お問い合わせ】
米沢市上杉博物館  0238−26−8001

2019.10.14:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..

【注目!!】H31申請期限:4/10(水)


支援制度一覧


















R1アートマネジメント事業
R1アートマネジメント事業
H30アートマネジメント事業
H30アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業



置賜文化フォーラム事務局



(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計6,672,286件 (2010.07.15〜) 今日624件 昨日2,705件 記事2,062件