記事詳細ページ

コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界 戦国武将、手紙を書く」展示紹介

コレクション展「国宝「上杉家文書」の世界 戦国武将、手紙を書く」展示紹介ぁР菫

「戦国武将、手紙を書く」展では、

差出人と受取人の社会的関係を示す表現に注目しました。

そして、受取人として「山内殿」と記される上杉謙信、景勝らを軸として

関東や奥羽の諸将との関係などを考察しました。

 

画像

今回の整理では、領主の階層や大名家内のあり方をある程度明らかにしましたが、

さらに広く文章の表現や料紙の形態や質をふまえた分析を深めていく必要があります。

戦国武将の手紙の書き方の奥深さをご覧になりませんか。

 

コレクション展の主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2024.03.06:[イベント情報]

伝国の杜 情報BLOG

「伝国の杜」は、平成13年9月29日、山形県米沢市に博物館・文化施設と..

支援制度一覧


















R1アートマネジメント事業
R1アートマネジメント事業
H30アートマネジメント事業
H30アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業
H29アートマネジメント事業



置賜文化フォーラム事務局



(C) 置賜文化フォーラム All Rights Reserved. [login]

合計10,975,598件 (2010.07.15~) 今日1,899件 昨日1,434件 記事2,412件